わたしの家のハウジングを紹介します(その1)

ドラクエ10

わたしは、ドラクエ10のコンテンツの中で好きなのはハウジングとドレアです。バトル系はあまり得意ではありません。そこで、今回はわたしの家のハウジングをご紹介したいと思います。まずは、きつねこの家を紹介したいと思います。

きつねこの家は、マイタウンです。マイタウンで重要なのは、各種NPCの配置です。この配置次第でマイタウンの使い勝手が決まるといってもいいでしょう。最初に、NPCの配置をご紹介します。

2番地の前の空き地に「砂の都のテント」を設置して、それを取り囲むようにして各種NPCを設置しています。テント内のカウンタには、頻繁に利用するバザーと神官を、空いているところにポスト代わりの郵便局員を配置しています。

手前から順に、預り所、紹介人、住宅商、素材タネ屋です。

宿屋(ベッド)と、釣り堀&魚交換員です。

今は何も植えていない畑、横には右から魔物管理人、シスターです。
ここまできて、もしかしたら気付いた方もいらっしゃるかもしれませんが、各種NPCはすべてわたしのサブキャラたちです。

次に、2番地の本宅をご紹介します。DQXショップの2021年度のダイヤモンド特典の「キューブレジデンス」を建てています。

1階は団らんスペースになっています。こんな感じのテーブルとソファのセットがもう一組手前側にあります。アストルティア放送局用のテレビは壁に埋め込んでいます。

2階は、イベント会場を想定しています。主賓席と、観客席を用意しています。

3階は、会議室っぽいスペースになっています。「竜王の玉座」を議長席に見立てています。

次に1番地の紹介です。1番地は、「BARきつね」として不定期に営業したりしなかったりします。

カウンタ席です。いちおう24時間居座り続けるバーテンもいます。

こちらはボックス席です。

最後に3番地の紹介です。

同じく2021年度特典の「フィオーレの家」をベースにしています。

入るとすぐに職人設備、そして下の階を望むことができます。撮影スタジオっぽいものが見えますね。

こんな感じの背景です。ゆるふわっぽいイメージで作っています。

奥の部屋にもスタジオっぽいスペースを作っています。

という感じのハウジングです。肝心のマイタウンの場所ですが、

マイタウン名:「きつねタウン」
マイタウンID:8931-8701

となっています。ウエルカム設定にしていますので、いつでも自由に見学できます。どうぞ遠慮なくいらっしゃってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました